9月6日は「カラスの日」

皆さまの事業にも「カラスの日」が活用できます

書籍やDVD、雑貨など

売り場の特設コーナーとして

ジビエや害鳥対策の分野で

「カラスのことを知る」ための機会として

カラスは都市鳥や野鳥であると共に、神話や童話などでも頻繁に取り上げられる生き物です。

 

普段は関連性のない書籍や絵本を「カラス」というテーマで集めた特設コーナーは、お客さまの目に新鮮に映り、思いがけない反応があるかもしれません。

新たな食材として、ジビエ業界でも注目されているカラス。

ジビエ発祥の地フランスでは、「カラスは最高の食材」と称賛する文献があったとされていますが、日本では害鳥としてのイメージから食べるのを敬遠する方が多いのが現状です。

 

ジビエをいただくことは、その動物の生態や暮らしぶりを知ることにも繋がります。9月6日「カラスの日」が、カラス料理に親まれるきっかけとなれば幸いです。

展示施設や教育施設などで

身近な都市鳥を考えるイベントとして

身近な野生動物であるカラスですが、動物園や博物館、教育施設などで改めてその生態を知ることで、「動物との共存」や「野生の知恵」について考えることにも繋がります。いつでも観察することができるカラスは絶好の教材です。

 

春~夏は子育てで気が立っているカラスですが、秋ごろには親鳥も落ち着いていますので、お子さんでも観察がしやすくなります。

ロゴの利用やコラボレーション企画などのご相談は、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

また、カラスの可愛い写真なども、少数ではありますがご提供可能ですので、お気軽にご相談ください。

Copyright © 2016 ”カラス友の会”. All rights reserved